2019GWタイ旅行(番外編)飛行機乗り継ぎの合間に上海に行ってきた(5月2日)

2019GWタイ旅行(番外編)飛行機乗り継ぎの合間に上海に行ってきた(5月2日)

タイ旅行からの帰りは上海経由だったこと、乗り換え時間が9時間もあったことから上海市内へ繰り出すことにしました。
乗り継ぎの飛行機のチケットは出発地のスワンナプーム国際空港で発券されていたので、上海空港でチェックインする必要はありません。預け荷物も目的地までそのままなので、手ぶらで観光に行けます!!

手順はこんな感じです。
出発地(バンコク) ⇒ 経由地(上海) ⇒ 入国審査 ⇒税関申告 ⇒観光 ⇒ セキュリティチェック ⇒ 出国審査 ⇒ 目的地(日本)

今回の上海の目的地はインスタ映え!?の豫園です。
豫園 への行き方は、上海空港からリニアモーターカー MAGLEV(マグレブ) で終点まで行き、そこからタクシーで 豫園 に向かいます。
乗車料金は片道で片道50元、往復80元です。当然、往復チケットの購入がお得です。

リニアモーターカー は約30kmの距離を8分で移動することが出来ます。
最高時速は時速300km!!時間帯によっては 時速 430kmも出すそうです。

終点の竜陽路駅から豫園 へはタクシーで移動しました。

豫園 はとにかく人が多かったです。

そして 豫園 から歩くこと10分で、テレビ塔東方明珠電視塔(オリエンタルパールタワー)も見ることが出来ます。

お昼ご飯は小籠包と青島ビールです。

お腹も満たされたし、プチ観光もできたので、タクシーとリニアモーターカーを乗り継ぎ、上海空港へ戻り、その後、無事、日本へ戻りました。

今回の飛行機乗り継ぎ時間の合間の観光(入国)はアリでした!!
こんなに簡単に入出国できるのであれば、今後は意図的に乗り継ぎお時間を多めにして楽しむのもアリですね。