LCCの受託手荷物(預け荷物)の重量には気を付けて!!

LCCの受託手荷物(預け荷物)の重量には気を付けて!!

こんばんわ!!

AsiaM@niaです。

今年の夏(2019年)に行ったタイ旅行で

LCC(タイライオンエア)を選択した結果、受託手荷物(預け荷物)で苦労する羽目に…
 

 
今回の荷物は、スーツケースとボディバッグなので

スーツケース用に、預け荷物のオプションを10kg購入しました。

よって、持って行ける荷物の総重量は

機内持ち込み7kg(無料)とオプションの10kgの計17kg。

絶対余裕だと思っていました。

しかし!!

スーツケースの空の状態の重量が6kgあるため

中身は4kg以下となります。

往路の時点で、スーツケースの重量が11kg。

まぁ大目に見てくれるだろうと思っていましたが…

しっかり超過料金1kg(1,680円)を徴収されます。

復路については、お土産も購入したことで更に重量が超過!!

スーツケースの重量が13kgに!!

このままだと、超過料金3kg(5,040円)になる!?

というこで、現地でバックパックを購入し、超過分の荷物をバックパックに移す作戦にしました。

スーツケースは大きいのに、中身は3分の1しか入っていないし

バックパックは満杯で重たいという、なんたるアンバランス!?

LCCを選んだのが失敗だったのか?

見た目重視で重量を気にせず購入したスーツケースが失敗だったのか?

この経験を活かし、次回は快適な旅になるよう考えます!!

とうことで、参考になれば嬉しいです。

それでは、素敵な旅を!!